上司「もっと考えて作れって言ったよな?」僕「”考える”ってなんやねん。。」

上司から指摘を受ける部下その他


 今回とりあげる悩み

「もっと考えて行動して」かぁ。。自分ではちゃんとやったのに。

「ESの志望理由もっと工夫したら?」って言われたけど何したらいいの?



考えるとか工夫するはよく聞くし、自分で使うことも多い。

意味くらい分かってるつもりだった。


でも新卒1年目のときに上司に突っ込まれてわからなくなる。

自分では考えて送ったメールだったが
読んだ上司にダメ出しを受けた。


「もっと考えて送らないかんよ。」


その場では、

「はい、すみません。」

というものの心の中は、、、



具体的に何をしたら考えたって言えるんや(;´Д`)」

この画像お気に入りです(笑)



特に新卒1年目は
ホントよく思ってた(*´∀`*)

毎日一回は言われるから 笑

考えるは頭の中の作業。
見えなくて分かりづらい。

でも誰も考えてくれない(´;ω;`)
ググっても出てこない。


「もっとわかりやすく伝えない方も悪いよね?



とイライラしながらも悔しくてAmazonで何冊も買い込んだ 笑

浪費な気もしたが、読んでみたら、なんとなくピンときた。


「いくつもの本に共通しているし、そういうことなの?!」


「こんなに単純でいいのか(・・?」

という不安はあったが実践したら、

上司に注意される回数は減ったし、

注意されても何を求められているか分かるようになっていたのだ!!!


この記事は、そんな考える方法を

・難しい言葉を一切使わないで
・具体的な行動に移せる

ように書いてみた。


”考える”は使いこなせると強くて

「ここぞ!」という場面で意識して深く考えられるようになる。

(僕は気づくのが遅かった!!)


さっそく結論を

「考える=自問自答する」だ!!


「え・・・?」


「”自問自答”も意味わからんわ。。」


となった方も「戻る」を押さないでいただきたい 笑

この記事を読み終えるときには、説明できるくらい理解しているはず。


自問自答と書いたが、要するに

①自分で自分に質問する
②その質問に自分で答える

という2ステップ。


これだけでOK。


まとめ


重要なのでもう一度だけ、

”考える”とは、

①自分で自分に質問する(=自問)
②その質問に自分で答える(=自答)

という2つのステップを行うこと。


身近な例でイメージをつける

ここからは身近な例をみてイメージを固めていきたい。


就活本

「なんで就活本?」

と思うかもしれないが、就活は考えることが多いからだ。

特に一番いっぱい考えるのは自己分析。


そこで自己分析の本や、リクナビなどの自己分析ツールを使った方は多いと思う。

それらをよく見てみると、、、



「幼少時代に好きだったことは?」

「小学生のときの趣味は?」

「中学生のとき熱中したことは?」



「質問だらけ!」


「答えることがたくさん!!」



と気づく。


「理想的な働き方」っていうテーマを考えるためには、

①自分で自分に質問する
②その質問に自分で答える

の2ステップが必要だから、こんなに質問や答えることが多い!



ーーーここから余談ーーー

ちなみに就活の自己分析では

誰かが代わりに①自問をしてくれている。


「どんな働き方したい?」みたいな
答えが決まってないテーマを考えるとき

自問にちょっとコツがいる。


自分で作った質問が難しすぎたら途中で萎えるので、他の人がやってくれている。


読書感想文


夏休みの残り2日で仕上げて
しょぼい内容で恥ずかしながら提出


嫌な記憶しかない読書感想文(-_-;)

そんな読書感想文は2種類に分類できる。


①考えがたくさん入ってるもの
(考えが入っている)

②本の要約に感想を付けたしたもの
(考えがほとんど入っていない)


①が書ける人は
↓ように頭の中で自問自答している。

「一番心が動いたのはどのシーン?」
→飼い犬が友達にいじめられていたが、主人公は気づかないふりをしていたところ。

「そのシーンでどう思った?」
→申し訳ない気持ちになった。

「それはどうして?」
→自分は昔、祖母が大切にしてた花瓶を壊したがずっと知らないふりをしてた。それを思い出した。

「じゃあこれからどうしたい?」
→誰かが困っているのを知らんぷりすると辛い気持ちになる。だから今後そうしないようにする。


一方で、

「よくわからんし、そのまま書くか!」
「感動しましたってどっかに入れればいいっしょ」

ってなってたら要約。
(ちゃちゃっと終わらすための要約は有り派)


真面目な人が職場で使えない理由?!


「学生時代に勉強ばかりのヤツは使えんな、まったく(;´Д`)」

学歴コンプで言ってる人もいるが、一理ある。


「わかるのが純粋に楽しい」
「目指す大学があって頑張る」

と自発的に勉強する人は大丈夫だ。


しかし、

「親や先生が言うからやる」

という人はちょっと危ない。


言われたことばかりやっていると、

「何をしたいか?」
「何をしたらいいか?」

と自問自答することをやめて、
指示をもらうことに慣れすぎる恐れがある

そうなると自分で考える力を失ってしまい
指示がないと何もできない人になってしまう。

※もちろんどんな人でも考える力は鍛えられる。


逆にちょっとやんちゃしていた人の方が頼もしかったりする。

そんな人のほうが

「自分は何をしたいか?」
「何が楽しいか?」

自分に質問することに慣れている。


そのため予想外の事が起きても、

「何をしたら良いのか?」

考えることができて「真面目な人より使えるじゃん」となる。


具体例なアクション


考える=自問自答するのイメージがついたところで、

実際に使えるようになるための方法を書いていく。


最低限必要なのは2つだけ!

①ペンと紙を用意する

必要なのは紙とペンだけ!

頭の中で自問自答することもできるが結構むずかしい。


わからないことがあって、友達に質問しようと声に出したら

「あ、ごめん自分で解決したわ」

という経験をしたことがある人も多いと思う。


頭の中よりも、頭の外に出してしまうほうが、より冷静に自問自答ができる。

ペンと紙を準備する

ちなみに、紙はA4のコピー用紙に大きな文字で書くのがおすすめ。

でもノートでも良いし、もちろん裏紙もOK


ペンはスラスラ書けるボールペンがいいけど、何でも大丈夫。


②テーマを決めて自問自答する


紙とペンが用意できたら、いよいよ実践!


テーマを決めて自問自答。

テーマは考えたい話題で、いま困ってること、うまくやりたいことなど何でもOK


いったんテーマは「明日の休は何をして過ごすか?」とした。

自問自答 1枚目


僕は1枚目にテーマとその質問を書いて

2枚目以降の紙に1枚めの質問に答えていく感じでやってるけど、このへんは自由。

自問自答 2枚目


テーマが難しいほど、深く考えたいときほど、質問の数は多くなる。


「休日は何する?」に対して、

考えずその場で答えを出すのと

自問自答をして答えを出すのでは

答えが変わることも多い。


同じ答えとしても、検討したかどうかで納得感が全く違う。


まとめると

①ペンと紙を用意する
②テーマを決めて自問自答する


この2つだけだ。

最初は、時間がかかったり、戸惑ったりするが2回3回とやるうちにどんどん上達していくので大丈夫。


ーーーちなみにーーー

詳しい手順は『ゼロ秒思考』がわかりやすい。

写真つきの説明でめちゃめちゃわかりやすい。

もうこれより詳しいのないんじゃないってレベル 笑


ケース

イメージ付けのため、もう一つだけ。
(もうわかってる人は飛ばしてOK)


実際に↓のケースで実践してみる。

※状況設定にツッコミどころはあると思いますがご了承ください汗



上司K「次の会議の議事録Wordで作っといて。」
部下F「わかりました!」

ーーー会議後ーーー

部下F「さっきの議事録確認お願いします。」
上司K「見にくくない?ちょっと”考え”て直しといて。」
(上司は忙しくて、どこかに行ってしまった。)

部下F「さっそく直してみるか!」



「なんとなく直してみて終わり」
とするのではなく、

「考えるチャンスだ」
と気付けるだけでも僕は、かなり成長を実感できた。


↓自問自答の例

テーマ「何で上司は見にくいと思ったか?」

「以前も見にくいと注意されたことはなかったっけ?」
→「結論から書きなさい」って言われた!
→結論を最初に書こう。

「自分で見にくいと思うか?」
→特に思わないけど、1枚にまとまってたほうが良いかも。

「手本はないかな?」
→先輩にもらってみよう。時間あればちょっと相談してみようかな。

「てか直すのはいいけど、上司にどこが見にくいか聞いたほうがよくない?」
→時間をかけずに直すべき点を整理して上司に後で相談しよ。


忘れがちだけど、「紙に書く」のは大事!


最後に



考える=自問自答するという感覚、少しはつかめたと思う。


はじめは時間がかかるかもしれないが

実践しているうちにだんだん早くなると思う。

いろいろ書いたけれど

実践してみるのが一番大事!



以上です。最後までお読みいただきありがとうございました!





ーーーちなみにーーー

僕の場合は、考えるという作業に慣れてなかったので、ちょっとしたことで躓くこともあった。

「こんな質問でいいのかな」
「もっと自問自答繰り返したほうがいいかな」

って考えて手が止まってしまっていた。

今思うとしょうもないなーと感じるけれど、はじめはやっぱり大変だと思う。


そんなときはもう一度この記事を読み返してみたり、あとは本を読むのもすごくおすすめ。

いろんな人から同じテーマを説明してもらうことでよりイメージがつかめる。


モノを見るときに、

正面から見るだけじゃなくて

上から見たり、横から見たりすることで

よりイメージが強くなる。


本もそれと一緒かなって思うのでおすすめ。

おすすめの本

おすすめ度★★★
『ゼロ秒思考』赤羽雄二
『あなたの話はなぜ通じないのか』山田ズーニー

おすすめ度★★
『自分の頭で考えよう』ちきりん
『メモの魔力』前田裕二

コメント

タイトルとURLをコピーしました